住宅を快適にするために必要なリフォーム~快適な生活~

住宅のメンテナンス

屋根リフォームの方法とは

常に風雨や紫外線にさらされている屋根は、建物のなかでもっとも過酷な環境にあります。このため定期的なメンテナンスが必要不可欠です。そして屋根のリフォームが必要になった場合、どんな方法があるのかを検討しなければなりません。まずは現在使われている屋根材を再塗装するリフォームです。この方法は主に化粧スレートと呼ばれるセメント系の材料や、セメント瓦に適しています。焼物の日本瓦やガルバリウム鋼板にはあまり行われません。もう一つの方法は、既存の屋根の上にそのまま新しい材料を葺き直すというものです。廃材を出すことなくリフォームができるので有効ですが、瓦屋根には使えません。最後は既存の屋根材をはがして新しく葺き直すというものです。どの材料にも対応できますが、費用と工期が多くかかります。

こんな材料を使います

葺き替えのリフォームを行う場合、どの材料を使うのかを検討する必要があります。現在もっともポピュラーなものは化粧スレートです。デザインがすっきりしており種類も豊富です。重量が軽く費用も手頃ですが、10年程度で再塗装などのメンテナンスが必要です。次にバルバリウム鋼板があります。アルミニウムと亜鉛を合わせた鋼板で、非常に軽く、鉄板に比べて寿命が大幅に長くなっています。短所としては、材料が薄いために雨音などが多少気になるかもしれません。そして昔から最も多く使われているのが日本瓦です。寿命が50年以上と最も長く、最近では洋風の家にも合うデザインのものも出回っています。短所としては最も重量があり、コストも高くなります。屋根リフォームをする場合は、これらのことを工務店や屋根施工業者と相談しながら検討することが大切です。