住宅を快適にするために必要なリフォーム~快適な生活~

太陽光発電の活用

太陽光発電を設置するための注意点

屋根材をリフォームするときの理由として太陽光発電の設置が挙げられます。太陽光発電機は、現在一般家庭でも急速に普及しています。これから太陽光発電を設置する家庭も多いでしょう。このとき、注意したいのが屋根材をリフォームする必要があるかという点です。リフォームする必要があるケースは1つです。それは、太陽光発電の重量が、当初建物を設計していたときの重量を超えた場合です。当初の設計では、当然太陽光発電を考慮せずに鉄骨部材を設計していたわけですから、太陽光発電機を設置するとなれば、その重量を考慮した小梁や柱、梁の躯体を設計しなおす必要があります。さらに、構造部材の安全率に余裕がない場合だと、躯体を取り換える必要が出てくるので注意が必要です。

費用が少なく済むリフォーム方法

つまり、太陽光発電機の重量が設計で考慮していたときの重量を超えてなければ問題ありません。特に、荷重を確認するだけなので、リフォーム費用も安くおさえることができます。しかし、費用がゼロというわけではありません。当然、太陽光発電自体のコストや、屋根に設置する工事費、屋根材を一部壊すことになるので、雨漏りしないための防水工事などが必要になります。しかし、構造部材に手を加える工事ではありませんので、工事期間は短く済みます。そのため、人件費を少なく抑えることが可能です。以上、太陽光発電機の設置を考えている方は、まず家の屋根がどのような荷重条件で設計されていたのか知る必要があります。これは、設計会社に問い合わせると知ることができます。