女の子にランドセルをプレゼント【カワイイデザイン選べる】

メニュー

生まれて初めての贈り物

赤ちゃん用品

費用の相場は

入学、就職、結婚、新築など親しい人におめでたい事があった時はお祝いを贈るものです。出産祝いもその一つです。あげる側も受け取る側も、気持ちの良いやり取りができるためには、お祝い時のマナーや一般常識を知っておく事が大切です。出産祝いを贈る時にまず守るべきは渡す時期です。母子共に健康であることを確認してから贈る必要があるため、産前に渡すことは避けましょう。また、産後ならいつでも良い訳ではなく、お母さんや赤ちゃんの体調や生活を考慮すると、生後7日から1ヶ月以内が妥当とされています。渡す品に関しては現金や、産まれた赤ちゃんへのプレゼント以外に、出産を頑張ったお母さんへのプレゼントなどが選ばれるようです。また、それ以外で一番気になるのは出産祝いの相場ではないでしょうか。特に品物ではなく現金を贈る場合は相手にも金額が明確に知られる為悩ましいところです。金額の相場については自分と、贈る相手の間柄によって異なります。例えば相手が自分の兄弟姉妹の場合は1万円?3万円、従兄弟の場合は3千円?5千円、自分の孫が生まれた場合は3万円?10万円が相場になります。親族ではなく友人の場合は5千円?1万円、同僚の場合は3千円?5千円が相場と言われています。しかし、同僚といっても仲の良い同期や目下の部下であったりするともう少し奮発しても良いかもしれません。出産祝いを贈ると相手からは内祝いとしてお返しが送られてきます。内祝いにも金額の相場があり、出産祝いの約半額と言われています。ですから、出産祝いを奮発し過ぎると内祝いも高額になってしまい返って相手を困らせてしまう可能性もあります。最低限のお祝いのマナーは守りつつ、金額よりも大切な「おめでとうの気持ち」を沢山込めて贈れるようにしましょう。